ウェディングドレスのオーダーメイドならアトリエARへお任せ下さい。低コストサービス・レンタル価格で世界に一つだけのドレスをお手作りいたします。各種オーダーも承っております。




















とっても楽しみな結婚式!
でもいったいどれくらいの金額を準備したらいいの…?



≪結婚式費用の基礎知識≫

まずは何にお金が必要なのか、ざっくりイメージしましょう。
挙式・披露宴にかかる費用は約350万円前後です。
もちろん、料理や衣裳など、結婚式の印象を左右するアイテムは、
こだわりによって値段が大きく変わります。
代表的な出費項目として、大きく分けてこんな項目で費用が掛かります

ぜひ参考にしてみてくださいね。



【ざっくり全体像をつかもう】

<結婚式にかかる内訳の一例>



●挙式平均25.3万円

挙式スタイルや生演奏など演出内容次第で価格が変化。

●料理・飲物平均124.2万円
ひとり当たりの平均は料理1.44万円、飲物3500円。
料理はフルコースのフレンチが人気。

●スナップ写真平均22.0万円
デジタル撮影でアルバム製本とCDをもらうケースが増加。
カット数は300~400枚くらいが多い。

●ビデオ・DVD平均17.4万円
撮影の範囲、編集内容などで料金が変化。
挙式中はプロ以外撮影NGの会場もあるので確認を。

●引出物・引菓子引出物ひとりあたり平均5200円
引菓子ひとりあたり平均1300円
ゲストの年齢・性別、想像されるご祝儀の額などで
品物の内容や金額を贈り分けるのが主流。

●衣裳
  新婦:ウエディングドレス
  新婦:カラードレス
  新郎平均24.7万円
平均21.5万円
平均15.8万円
新婦の衣裳総数は2着が62.7%で最多。
新郎も最多は2着で48.6%だが1着も43.5%にのぼる。

●別撮りのスタジオ撮影平均14.5万円
新郎新婦のツーショットや、親・親族との集合写真などの撮影料金。
焼き増し料は含まれない。

●装花平均17.5万円
花材やボリュームで料金は大きく変化。
基本プランに含まれるのは卓上花のみの場合が多い。




さらに、こんな項目にもお金が必要です!

<婚約関連の費用平均148万円 >   

婚約指輪:約30万円
結納会場費:約13万円
結納金:約90万円
結納品:約15万円弱・・・etc

<結婚式でその他にかかる費用平均20万円>    

会場予約費(内金):約9.5万円
ゲスト交通費・宿泊費:ひとり半額~全額

<式後にかかる費用平均70万円 >

ハネムーン:約55万円
お土産代:約10万円
結婚報告ハガキ:約1万円
お礼・お返し相場:ひとりあたり3000円~2万円・・・etc

<新生活にかかる費用平均85万円>

敷金・礼金:約25万円
家賃:約8.5万円/
新居の引っ越し:約6万円
家具購入:約45万円・・・etc


どうでしょうか?
考えていたより多いでしょうか?
それとも少なく感じましたか?

まずはかかる費用について大きく説明しましたが、
次はこの金額ををどのタイミングで支払うのか(用意しておけばいいのか)を
見てみましょう!



≪支払いの時期はいつ?≫

支払いのタイミングは大きく分けて6つあります。
最大の山場は結婚式会場への支払い。
式の前日までに平均300万円ものお金が必要な場合が多いので、
当日のゲストからのご祝儀を見込んでいても準備が欠かせない金額ですね。
それ以前にも、顔合わせの費用、会場決定時に支払う予約金など、
会場以外への支払いがあります。
結婚式の当日にはお車代やお礼、式後に必要な費用もあるのでぜひ知っておいて。


●結婚が決まった!
<挙式12~8ヶ月前>
結納や婚約記念品など約90万円
婚約記念品とは婚約指輪のこと。結納をせず顔合わせ食事会のみを行う場合も
記念品は取り交わすことが多い。
(結納金を納める場合、プラス80万円くらい必要
結納する場合、男性から女性に結納金を贈る。もらう側は関東では半額、
関西では1割程度をお返しが基本。)


●会場が決まった!
<挙式8~6ヶ月前>
会場予約金や衣裳予約金など約15万円
会場決定時に払う予約金(内金)は5~10万円が相場。
レンタル衣裳も予約金が必要なことが多い。

●準備期間
<挙式6~1ヶ月前>
引出物、結婚指輪、演出アイテムなど約60万円
会場を通してお願いせず、外部ショップに頼む場合は個別の支払いが発生。
新居に移るなら新生活費用も必要
ふたりで新居に引っ越すなら、契約に関わる諸費用が発生。家具や家電代も必要。

●式直前
<挙式1ヶ月~1週間前>
会場に支払うお金の残りなど約300万円
当日払いやカード払いOKの会場もあるが、ほとんどは前払い。
内金を差し引いた全額を振り込む。

●式当日
ゲストの交通費や宿泊代など
主賓や遠方からのゲストの交通費・宿泊費、受付や余興をしてくれた
ゲストへのお礼など。 >>お礼・お返しのマナーについて詳しくチェック


●式後
結婚報告ハガキや内祝いなど
報告ハガキは3カ月以内に。お祝いのお返しはもらった額の3分の1~半額程度の品物が
一般的。二次会はふたりが手配する場合、幹事にお任せの場合などいろいろ。
会費制が一般的で会場への支払い額の平均は約24.4万円。
ハネムーンはふたりで50.4万円くらい
ツアー内容のほか、シーズンや出発日によっても料金が変わる。

いかがでしたか?お式当日を笑顔であふれる幸せな1日にするためにも、
二人でしっかりと事前計画をたてておきましょう!






トップページ | コンセプト | お客様の声 | ギャラリー | よくあるご質問 | お問い合わせ
オーダードレス | オーダータキシード | レンタルドレス | アクセサリー | ベール | グローブ | ネイル | ムービー | その他・小物 | 前撮り写真 | ツイッター | ブログ


copyrights atelie-ar All rights reserved.